強力粉の在庫管理が面倒なのでレシピはいつも強力粉250gです

ホームベーカリーでパン作りをして面倒なことの1つが、強力粉の在庫管理です。

粉が舞うので極力開封後は早めに使い切りたいです。

 

そこで、パンのレシピは決まって「強力粉250g」と決めています。

たったこれだけで、微妙にパン粉が余ったり、あと少しの量で開封しなくては…という事がなくなりました。

 

 

ホームベーカリーのレシピの基準

私はネットでレシピを見るときは、「強力粉250g」を基準にしています。

f:id:gu-gu-life:20220307102120j:plain

パンを見ていると「美味しそう」と同時に「かわいい」が込み上げてくる

通常、スーパーで扱っている強力粉が1kg。

つまり250gで食パンを作っていければ、4回でピッタリ使い切ることができます。

 

と言っても、必ず強力粉にピッタリ1kgが含まれるわけでもないし、私も必ずピッタリ250gが計量できるわけでもない。

今まで使ってきた経験でも、全体的に3〜5gくらいは差がある物だと認識しています。

その辺は水を1g増やしたりするなどして、調節しています。

 

250gの食パン分量

新しい機械に買い換えたので、色々と様子を見ながら分量を調節して、膨らみなどを鑑みた結果、今のところ私はこの分量に落ち着きました。

水の代わりに牛乳を使う時はスキムミルクを省いています。

 

自分に合った方法で自分に合った食パンを

ホームベーカリーで食パンを焼いていると、「これが必要だと思っていたけど、実は他で代用できたり、そもそも必要なかった」とか「これが絶対だと思っていたけど、ここを工夫すれば他の方法もあった!」みたいな発見があります。

 

「絶対」と思わず、自分に合った方法でホームベーカリー生活を楽しくおいしく続けていきたいです♪

 

\使い切りで食べやすい全粒粉のお試しパックあります/